国分寺のすぐれもの大集合!一店逸品 逸品カタログ
名物名産品推奨品
ぶんじ宅配参加店
メールマガジン会員登録



ランキング



今月のクローズUP 第36回 トラットリア カレラ

以前クローズUPで取材した「中華料理オトメ」のご主人から、ぜひあのイタリア料理店を取材してみてくれ、とのおすすめで今回うかがったのがこちらのお店です。地元の他店からも評価されるイタリアンは、家族愛に満ちたお店です。

■町の中のイタリアレストラン

国分寺駅南口から徒歩5分のところに「トラットリア カレラ」はあります。国分寺で10年以上も続くこのイタリアレストランは、オーナーの娘さんの小俣友貴香さんがシェフを務めるお店です。

「トラットリア(大衆向けの小さめのレストラン)」という名前の通り、家族の食事にもデートにも使えて、味は抜群においしいお店です。

入ってすぐの右手には、ドルチェ(デザート)のショーケースがあり、どれもその名の通り甘い香りを漂わせています。

丸テーブルの席は2席、奥には人数に合わせて調整できる長めの席が2列あります。席は全部で24席。20人以上であれば、貸切にもできます。また6人以上であれば、パーティーコースがオーダーできます。予算に応じますとのことですので、企画中のかたは、相談してみてください。

取材時刻は、ランチの終わる時間でしたが、親子孫3代のお客様が、アラカルトのランチをゆっくりと楽しまれていました。

お客様は20代後半から~70代まで幅広く、若いママさんたちや年配のご夫婦、そして近隣の大学の先生や職員まで、この町に住んで生活している人が気軽に利用しているようです。

母と娘が中心となってお店を作り上げているせいか、お店自体が家庭的な雰囲気を持っています。スタッフもまるで、家族の一員のようなそんなあったかい空気が感じられます。

ランチを召し上がっているお客様も、アラカルト料理のそれぞれ好きなものを取り皿にのせ、口に運びつつ、孫のお嬢さんの食べっぷりをみながら夏の昼間の団欒の一時を過ごしていました。

「家庭的な」といえば、何よりその料理のことを言わなくてはいけません。「トラットリア カレラ」の代表的ないくつかのお料理をご紹介して、その味をお伝えしたいと思います。

お店の前には赤いスクーター
「VESPA」がとまっています

お店の入口には、アンティークな
家具とともにドルチェ(デザート)
のショーケースが目を引きます


入口近くのテーブル席は2~3名様用


奥にはこのテーブルの列がもう1列


■おいしい想像が広がる家庭料理
【この日のランチコース】
イカスミ入りタリオリーニの
生しらすのペペロンチーノ(下の写真)
パン、サラダ、ドルチェ、ドリンク



イカスミ入りタリオリーニの
生しらすのペペロンチーノ
ニンニクチップのカリカリがおいしい



上はフォッカチャ、下はラザニア


黄金に輝くじゃがいものニョッキ
北イタリアの家庭料理です


「トラットリア カレラ」では、お料理はもちろんパンやビスコッティ(ビスケット)に至るまですべてが手作りです。

シェフの小俣さんは、歴代のシェフについてイタリア家庭料理を学んできました。エコール・キュリネール国立の製菓出身です。ものを作るというセンスは、料理も菓子も一緒なのでしょう。想像力を働かせ女性の豊かな感覚で、オリジナルのイタリアンを手がけ、評判となっています。

この日のランチコースの主役は、イカスミの入った手打ちのタリオリーニ(平たいパスタ)に生しらすのペペロンチーノでした。黒いイカスミに、しらすの白、枝豆の緑、サッと揚げたニンニクチップの茶色とこれも自家製のドライトマトの赤が楽しそうに集まっています。

イカスミの黒を強調したパスタはたくさん見てきましたが、こんなふうに黒い色を楽しめるような盛り付けは初めてです。

しかも、イタリアンパセリのみじん切りがほんのりと香りよく全体を包んで、コシの強いタリオリーニとニンニクチップのカリっとした強弱の噛み応えで味と香りを堪能させてくれました。

「カレラ」でこの手打ちパスタと並んで人気のあるのがラザニアと自家製パンです。

パンだけを求めていらっしゃるお客様もいるほど。オリーブオイルとハーブの香りのきいたフォッカチャはイタリアでは食事につけられます。「カレラ」では、天然酵母で作ったパンも作りますが、毎日あるわけではなく、しかも数が限られるので、これをお目当てに行くときには要確認です。

ラザニアの他店との大きな違いは、やはり手打ちの生地でしょうか。ひき肉が取り立てて多いわけでもなく、トマトソースが強く味を占領しているわけでもありませんが、パスタ生地の味は舌に残ります。生地だけで十分な美味しさを味わえます。

アラカルトの料理になりますが、じゃがいものニョッキもぜひおすすめしたい一品です。ニョッキって何?という私のようなイタリアン初心者には、日本の水団(すいとん)みたいなものと言っておきます。

ただし、何しろ「イタリア~ン」なので、チーズやバターが入っていておしゃれな食べ物になっています。口に入れたときのほくほく感は、北の地方の食文化だなと感じます。

「カレラ」のニョッキは、トマトソースとセージバターでいただく2種類があります。

■デザートの繊細さを作る素材の組み合わせ

シェフの小俣さんは、前段で述べたように、学校で製菓を学んできました。デザートはいわずもがなお手のもの。

お客様もそれをご存知の方が多いようで、一品を注文するより、盛り合わせになっているものを好まれるようです。

今の季節は、いちじくが旬です。今回の盛り合わせでは、右のようなデザートをいただきました。テレビでよく見る飴細工の施したアイスのデザートは、手をつけるのがもったいないほど繊細な仕上がりです。

オーナーの小俣さんは、「シェフはいろいろな素材を取り上げ、私にも意外に思えるものを上手に組みあわせてしまうんです。」と、一人のシェフとしてそのセンスと技術に、厚い信頼を置いているのがわかります。

オーナーがホールで接客することも多く、行き届いたサービスを自ら率先しています。そんな時、お客様にシェフはどんな方?と呼ばれることがあるそうですが、実はシェフの友貴香さんは引っ込み思案なところがあるそうです。

そんな彼女がイタリアのフィレンツェを中心としたトスカーナ地方を旅したとき、コックさんと知り合い、彼のお店で手伝わせてもらって、厨房で彼女の料理を作り、見事な評価を得たそうです。

オーナーは、「まさにテレビ番組の『ウルルン滞在記』のようでした。」とにこやかに話します。今でも、そのコックさんとは連絡を取っているようです。

料理に対する気持ち、一所懸命さ、がんばり、そして何よりも作ることが大好きな気持ちが、引っ込み思案の彼女を動かしたのでしょう。

オーナーにとっては、シェフであると同時に娘でもあります。オーナーに今までの苦楽を尋ねてみると、苦しいときは無我夢中でやっているので、苦しいと感じる暇がないそうです。では、嬉しい楽しいことは何かと聞くと、今回の取材で最初から最後まで「シェフ、シェフ」と言い続けた娘さんの成長が何よりうれしいことなのだそうです。

「カレラ」もテレビや雑誌に取材されるほど有名になりましたが、今後の展開を聞いてみると、それは「トラットリア」への道を歩くようです。

現在は、仕込みにかなりの時間を費やしてスタッフが楽しく仕事ができる環境とは十分にいえないそうです。

お客様に楽しんでいただくためにも、まずスタッフが余裕を持って、より楽しい気持ちでやらなくていけないとのこと。

質と気持ちの高さを落とさずに、もう少し余裕を持ってするためには、テイクアウトできる商品などを増やそうとしています。ラザニアなどの人気メニューが、気軽に店頭で買える日も遠くはないかもしれません。

シェフの弟さんの雄一郎さんもこの夏にイタリアに修行に旅立つとのこと。「家族」と「町中の店」をテーマに、これからの「カレラ」にはますます目が離せなくなりそうです。

【デザート盛り合わせ】上から時計回りに

・マスカルポーネチーズの自家製アイスに季節の果物(いちじく)のバルサミコソースがけ
・夕張メロンとココナッツのパンナコッタ
・パッションフルーツ
 (ソースとしていただくのがおすすめです)
・ガトーショコラ
・マスカットにセルフィーユで飾りつけ

注文のバースデイケーキ 3500円


季節のフルーツタルト

イタリアのデザート定番のプロフィットロール(イタリアのシュークリーム)やクレマコッタ(濃厚なクリームプリン)、カタラーナ(冷凍焼きプリン)、ガトーショコラなど9種類くらいはそろえてあります。この日はいちじくのコンポートもありました。(中段真中)

スタッフとシェフのお嬢さん
右がシェフの友貴香さん
★トラットリア カレラさんからプレゼントのお知らせ★

写真はドルチェの盛り合わせ例です
カレラさんから、お好きなドルチェ1品を2組4名様にプレゼント。お友達やカップル、ご夫婦でご来店になって、店内でお召し上がりください。ドルチェはその日によって違います。
スポットライトを読んだ感想を添えて応募フォームに入力してご応募ください。 (応募期間は9月30日(金)で締め切りました)


※なお、ご応募は、「カレラ」さんまでご来店できる方に限らせていただきます。当選者の方には、地域ポータルサイト推進協会からご連絡を差し上げます。商品の引渡し期間は2005年10月30日までとなります。
トラットリア カレラ

【営業時間】
 11:30
~14:00
 18:00~21:30(LO)
※日曜日・祝日は21:00がLO

【定 休 日】
 月曜日
(不定期で火曜と連休することあり)
【住所】
 国分寺市南町2-1-38
【TEL】
 042-325-3348
【アクセス】
 国分寺駅南口より徒歩5分

国分寺ショッピング情報トップページへ

written by cherry


いかがでしたか?

■「今月のクローズUP」では、掲載店を募集しています。 ご希望の方は、掲載を希望されるポイント(うちの店はこんなことやってる、こんなところをみんなに知ってもらいたいという点)を必ずお書添えの上、kokubunji@shop-info.com までご連絡ください。

尚、ご連絡いただいたお店、全てを掲載することはできませんので、あらかじめご了承ください。

■「今月のクローズUP」バックナンバーはこちら

「今月のクローズUP」バックナンバー

Copyright(C) 2005 地域ポータルサイト推進協会 . All Rights Reserved.
当サイトで使用している写真および、テキストの無断転載を禁止します。
ベンリー国分寺日吉町店

TOTAL CONVENIENCE SERVICE
ベンリー国分寺日吉町店

ベンリーは信頼と実績の全国チェーン店です。
花椿美容室

国分寺市/着付け・カット・アップヘア・縮毛矯正・女性顔そり
花椿美容室

国分寺市/着付け・新日本髪・アップヘアー・縮毛矯正・ブライダルエステ・女性顔そり・傷まないメーキングヘアーカラー・資生堂・オリリー・グラフアー・カバーマーク・ゾートス各化粧品販売する美容院
アドバイスメール具体例ページ

地域ポータルサイト推進協会からの
アドバイスメール具体例ページ

ここをみれば地元の情報がひとめでわかる!「ショッピング情報」
オリンピア

ペットショップ
オリンピア

信頼と信用を売るペットショップ

生活応援百貨店twitterやってます。フォローをお願いします!

携帯サイト
QRコード
携帯サイトQRコード

QRコード
QRコード

リンクフリーです
リンクフリーです